« パイオニア、薄型テレビ事業から離脱か | トップページ | キヤノン工事疑惑の頃、何があったか書いてみる »

キヤノン工事の疑惑に進展あり、真相解明はなされるか?

キヤノン工事で脱税容疑=大分のコンサル社長-立件方針、詰めの捜査・東京地検(時事通信)

話としては去年から噂が上がっていたものの、進展も無いまま新年を迎えた上記疑惑の問題ですが、とうとう東京地検が動き出す模様です。
このまま立ち消えとなるかと危惧していただけに、ひとまず進展があった事にホッとする次第です。

疑惑の構図については毎日新聞のここにもあるように、キヤノンの大型プロジェクト工事を巡りコンサル会社「大光」、大手ゼネコン「鹿島」の3社間で裏金作りと見られる悪質な所得隠しが行われたという疑惑が持ち上がっています。

また、キヤノン会長である御手洗氏と、コンサル会社「大光」の大賀会長はこちらにあるように親密な関係もあるようで、捜査の進展次第では財界含めた疑獄への発展もあるかと思われます。
なお、上記3社以外に九電工も裏金作りに関わったとされる話もあり、まだまだ伏せられた真実があるように感じます。

上の話とは別の件でありますが、「大分キヤノン」というと私がこのブログを作る理由の一つである社民党の保坂さんのブログの記事をはじめとする雇用不安の震源地ともいうべき因縁の場所です。
私がこの疑惑を去年知ったのは、ネットでは無くある雑誌のある記事でした。興味がてらに調べてみると酷い話がどんどん出てくるため当時驚いた経験があります。
キヤノンについては個人的には好感を持っていたメーカーでしたが、非正規雇用をめぐる問題や今回の疑惑でその思いもかなり幻滅してしまった感があります。

最後に今回の疑惑については、一日も早い真相究明を切に願います。
建設にあたり税金も投入された大分の事業所のような事例もありますので、もし疑惑が悪質極まりないものであれば、関係者の厳正な処罰もされるべきだと考えます。

|

« パイオニア、薄型テレビ事業から離脱か | トップページ | キヤノン工事疑惑の頃、何があったか書いてみる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ふみたけさん、表敬訪問させていただきます。

 キヤノン工事の疑惑に関しては、
「大石英司の代替空港」という、鹿屋出身の作家さんのブログにて。
1/31付「国策捜査来い来い!」
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2009/01/post-b277.html
 で、今この段階でなぜ捜査の手が・・・という件について、「国策捜査」という推理を書かれております。
 確かにそうかな~、と思えてきますよね。


 

投稿: 鈴木五郎 | 2009年2月 8日 (日) 15時42分

鈴木五郎さん、ご訪問感謝します。
少し確認したいこともあったので、レスが遅れてすいませんでした。

結論から言うと
http://www.maki-taro.net/index.cgi?e=950

元サンデー毎日編集長だった牧氏が指摘するように、「裏金」が何処へ行ったのか?を検察が調べるか否か次第だと思います。
もし脱税事件として片付けるなら、御指摘の「国策調査」の域で終わるかなとは思いますし、現状そこで止まりそうな気配を感じます。(上記の牧氏以外の方達も指摘してるようです)
面白い話をすると、キヤノンは株されててご存知かと思いますが、外国人の持ち株比率が50%以上の企業で”以前は”政治献金が出来なかった訳なんですが・・・ということで(笑)

投稿: ふみたけ | 2009年2月 9日 (月) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532695/43988078

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン工事の疑惑に進展あり、真相解明はなされるか?:

« パイオニア、薄型テレビ事業から離脱か | トップページ | キヤノン工事疑惑の頃、何があったか書いてみる »