« ある一人の改革派の苛立ち(2) | トップページ | 総額10円(笑)の法人税脱税事件とかんぽの宿疑惑 »

理由はいい、結果が問題

中川・酔っ払い大臣で、内閣総辞職だ!(牧太郎・二代目・日本魁新聞社BLOG)

美爾依さんのところで、これ見たときは我が目疑いましたよ、一説には郵政民営化隠しだという話がありましたがそれはさすがに無いでしょう。
真面目な話、牧さんのように怒れるうちはまだいい方だと思うのです。

 オバマさんと「通訳なし」で英語で話した麻生さん。オバマさんが「何を話しているのか分からない」と思わず漏らしたそうだが、これも英語力を過信した「日本の恥」。それに続いた「財務相の酒気帯び疑惑」。ああ、恥ずかしい。

理由は知りたくも無いし知ろうとも思いません、公の記者会見上においての失態こそが問題であって、まさしく「自己責任」を問うべき事例でしょう。
ただそれ以上に問題なのは、このニュースが流れてもなお激情の欠片も感じない日本の世論でしょう。
マスメディアも世論も何か淡々と語るだけ、ホントそれでいいのか?と。
そんな感情すら湧く力も無いとしたら、不謹慎ですがある意味終わってるのかもしれません。

皆さんそれぞれ事情があるんだろうと思いますが、ホントにそれでいいのですか?
大事なことなのでもう一度問います、ホントにそれでいいのですか?と。

|

« ある一人の改革派の苛立ち(2) | トップページ | 総額10円(笑)の法人税脱税事件とかんぽの宿疑惑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532695/44085716

この記事へのトラックバック一覧です: 理由はいい、結果が問題:

« ある一人の改革派の苛立ち(2) | トップページ | 総額10円(笑)の法人税脱税事件とかんぽの宿疑惑 »