« こんな人は公務員を目指すのはお止めなさい | トップページ | あ、そう。さようなら »

『働いたら負け』という現実

非国民通信さんが雇う側にはチャンスでも……のエントリーを苦言をしているように、雇用情勢の悪化という状況下で、救済と称した雇用実態の問題点について挙げています。

 例えば、店の前に一人のホームレスがいたとします。「これ、売れ残りですけど、良かったら食べてください」と食べ物を差し出すのは善意です。ホームレスに売れ残りを差し出す一方で、自分はもっと良いものを食べているかも知れませんが、それ自体は善意に違いありません。ところが、これが常態化するとなるとどうでしょうか? 善意を受ける立場の人間には「残り物」を与える、善意で救ってもらう立場なのだから、周りより低い扱いを受けてもありがたく思えと、そうなってしまうとどうでしょうか?

毒まんじゅう理論と言うべきでしょうか、緊急雇用対策と称されるモノの中には、意図の有無に関係無く求職者のニーズや要望を無視したものが見られます。
上記文中にあるように、それが横行するとこの経済不況の原因を生んだと言っていい脆弱極まりない雇用実態をさらに悪化させる事にも繋がりかねません。
さながら地獄への道のりは、善意で出来ている状況ではないでしょうか。

残念ながら毒まんじゅう的な実態は各地で横行しているようで、すすめ!(8554)南日本銀行の鹿児島銀、臨時行員35人採用 失職者対象の中で紹介しているケースにも見て取れます。

1/20付
『鹿児島銀、臨時行員35人採用 失職者対象
 鹿児島銀行は19日、契約を解除された派遣社員や解雇された正社員などを臨時行員に採用すると発表した。採用数は35人。期間は半年以内で更新はしない。
今月末まで募集し、書類選考と面接で採用者を決める。雇い止めなどによる失業者を対象に銀行が臨時行員を採用する例は珍しい。

 要件は会社都合で退職を余儀なくされた人やその配偶者で、鹿児島県内に住所を持ち鹿児島市の銀行本部に通勤可能な人。データ入力や確認・照合作業、書類の整理などに従事する。勤務日数は月15日、時間は午前9時から午後4時まで。月収は約9万円になる見込み。

 雇用期間が終了すると退職になるが、農畜産業に興味がある人には農業団体や取引先の農業法人に就農や研修の紹介をする方針だ。』

継続雇用のオプションまでつけろとはいいませんが、事実上の徴農セットはいかがなものかと思います。
これでは『働いたら負け』を暗に奨励しているようなものです

ネット界隈では『働けるだけマシ』『選り好みをするな』といった批判もあるようですが、安易な安請け合いや雇用側に過度な負担を押し付ける実態があまりに横行した結果、今日の閉塞状況招いた点を真に反省すべきなら、まず求職する側の希望もきちんと聞くのが当たり前で、むしろそうした意見が無視された現状が異常と考えます。何処の政府とは言いませんが、賃金実態や就業環境から人手不足に陥っていた実態も改善せず、現代のニューディール政策と称し農林水産や福祉を困窮した人間に押し付ける状況は本当に今までの雇用実態の総括してるのかと批判したくもなります。
なお、私としては小倉秀夫さんのla_causette『失業者が仕事を「選り好み」すること』で紹介しているように、現実との折り合いをつける必要は認めつつも、人間すなわち労働者の人間の尊厳に関わる仕事を選ばなくとも生きて行かれるようにするのが文化国家のはずで、立場の関係無く国民サイドは強く要求しつつ、政府は理想の実現に勤めるのが本来のあるべき姿だと考えます。

|

« こんな人は公務員を目指すのはお止めなさい | トップページ | あ、そう。さようなら »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ふみたけさんもブログを始められたのですか。では、これからもよろしくお願いします。

働くということは、食うことと生きがいと人生の時間の対価というかなり重大な側面がたくさんあるので、慎重にしすぎて良くないことはないと思うんですよね。先日の貴ブログの記事にあった通り、公務員なんかも一度なると止めにくい現実があるし、後で損をするのは本人だということを、しっかりと認識したほうがいいですよね。

投稿: Bill McCreary | 2009年1月27日 (火) 00時16分

こちらこそよろしくお願いします。(笑)

個人的に好きな武将の受け売りですが、何事も『判断は慎重に、決断は速やかに』が本来有るべき姿だと思います。
職を失った人達が何より求めているのは、安定し長期雇用が見込める職場のはずです。
当たり前の生活を失ったショックと反省があるからこそ、慎重になっているのは当り前なんですが、その辺がちゃんと理解出来てない人が批判している状況というのは、かなりいただけないと思います。

投稿: ふみたけ | 2009年1月27日 (火) 00時33分

では彼らをホームレスのままにしておくことにしましょうか。
残念ですが人間関係の構築を嫌うためにサービス業は嫌だ。正規雇用も人間関係が面倒だから嫌だ。
機械と向き合う単純労働で月給25~35万の非正規の仕事をよこせと言われても無理です。
こういう怠惰な人間を救うために売れない自動車を作り続けることは残念ながらできません。
もちろん仕事は探せばあるのだから生活保護費はなしですよ。

投稿: まこと | 2009年1月27日 (火) 12時02分

はじめまして。znkkと申します。
少しお邪魔致します。

『働けるだけマシ』『選り好みをするな』というのは
「緊急雇用対策で、とりあえずの食い扶持を確保(月収9万ではキツイですが)しつつ
安定し長期雇用が見込める職場を探してください」ってことを言っているのでは? と考えます。
(もっとも農業、林業を腰掛で出来るイメージは無いですが)

仰るとおり、需要があるのに待遇が悪いとか労働の成果と対価が見合っていないのは不当と思いますし
「救済」という名目で不当な労働を押し付けるのは偽善な気がします。
ただ、それは農業でしたら農協さんとか介護でしたらニチイさんとかの介護大手さんに
もしくはお金を出す人(消費者や要介護者)に正当な要求していくべきで
それが無理または通らない、なおかつ労働の成果が必要不可欠な場合に
政府機関の介入を求めるべきなのではと。
(もう既に企業に対して行動を起こしていらっしゃるなら無神経なコメントになってしまいますが)個人的には少し順番が逆な気がしますのでコメントさせていただきました。
駄コメント失礼致しました。

投稿: znkk | 2009年1月27日 (火) 18時47分

>まことさんへ
申し訳ないのですが、当事者の状況もよく把握されていないようでは当方では話すら出来かねます。

>znkkさんへ
会社都合で雇用を失った人達は特に意識しているはずですが、今を取り巻く状況が異常だからこそ雇用・収入について『安全』の確保をまず第一に考えるのは至極当然の事です。
経済状況が回復期であれば、短期の仕事を挟んでの転職もありかと思います。しかし景気の底が見えない今の時期に、転職のリスクを負うのはあまりに無謀だと思います。
農協については手助けもしてくれますが、それと同時に相応の負担を求めます。農家は基本的に『経営者』と同じ事が求められますので、常に誰かをアテにするようだと厳しいでしょう。あと介護全般にいえる事ですが、現職にある人達(私の親族にもいます)から見聞きした話として、『労力と収入が釣り合っていない』『メインの仕事に据えるには収入面が厳しい』というのが実態です。収入面の問題については僅かながらのアップが予定されていますが、到底現場が納得するものとは程遠いというのが実情です。介護も含めた医療福祉は現場が明らかに過度な負担を強いられているので、早急に手を打つべきと思うんですけどね。

投稿: ふみたけ | 2009年1月27日 (火) 21時09分

状況把握してますよ。
要するに贅沢言ってるだけじゃないですか。
>>人間すなわち労働者の人間の尊厳に関わる仕事を選ばなくとも生きて行かれるようにするのが文化国家

彼らの尊厳を守れる製造業の派遣では残念ながら需要がありません。
日本は社会主義国家ではないので企業に売れない自動車を作り続けるように命令はできません。
彼らにとっては人間の尊厳が奪われるかもしれませんが人間と向き合わなければならないサービス業、介護等の正規社員になって下さい。

投稿: まこと | 2009年1月27日 (火) 21時45分

>状況把握してますよ。
以下の文書も含めた返答ですが、誤った認識の元では正しい答えも出せません。したがって私から言えるのは正しく状況を把握された上でお話されてはいかがですか?というご返答だけです。
もし建設的にお話をされたいのであれば、当事者の声をきちんと理解される事を強く勧めます。

投稿: ふみたけ | 2009年1月27日 (火) 22時46分

ご回答ありがとうございます。
確かに転職のリスクについては仰るとおりです。
失念していました。
ご指摘有難う御座います。

介護やら農業やらの実情云々の話題にも思うところがあるのですが
今回の話題とはズレ過ぎたのでTBにさせていただきました。

で、横レスというかお節介というか
まことさんが言いたいのは『働いたら負け』→『働かないと死んじゃうので負けてもいいから働け』という思考で
『働いたら負け』→『働いたら負けな仕事があるのは不当なので改善する』という思考とは別なベクトルを向いてるだけなのではと。
(まぁだからどーしたって話ですが)

ともかくご回答、ご指摘有難う御座いました。

投稿: znkk | 2009年1月30日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532695/43866959

この記事へのトラックバック一覧です: 『働いたら負け』という現実:

» 労働の成果と対価が見合っていない介護やら農業について考えてみた。 [色々なことについて考え、あわよくば話し合えれば良いと思うブログ]
道はまよはじなるにまかせて様の『働いたら負け』という現実という記事についてコメントさせていただき、その遣り取りで考えたことを書き連ねてみたりする。 具体的に言うと、労働の成果と対価が見合っていない介護やら農業について考えてみた。 まず問題点を挙げてみる。 農業の場合 ・農協が買い上げてくれるメリットはありますが農協の言い値になってしまう点 介護の場合 ・労働の成果に対して対価が少なすぎる点、つまり労力と収入が釣り合っていない点 (被介護者さんが払う対価が少ないのか、企業が搾取しすぎているのか... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 00時07分

« こんな人は公務員を目指すのはお止めなさい | トップページ | あ、そう。さようなら »